【開催報告】第22回ロッキンテーブル コンベンション

2017年5月14日に開催された第22回コンベンションは、おかげさまで無事終了いたしました。

今回はGM4名、PL19名(含主催1名)の参加をいただき、「ルール ザ ワールド」「デッドラインヒーローズTRPG」「常夜国騎士譚RPGドラクルージュ+ヘレティカノワール」「サタスペ」の4卓のセッションが成立しました。

会場の様子

(写真をクリックすると別ウィンドウで開きます)

  • 会場

「togetter」による当日の関連ツイートまとめ


今回はGM・PLともに、キャンセルが相次いだ回でした。
何らかの都合により参加できないのは致し方無いことですので、遅刻しそうだったり、参加できなくなったことがわかったりした時点でその旨をメールや主催Twiterまでお知らせください。

会場でもお話させていただきましたが、(ありがたいことに)当企画コンベンションは初参加、あるいはTRPG経験が浅い・未経験などといったいわゆるビギナーの方に毎回一定数遊びに来ていただけています。
今回は全体のおよそ1/3弱が、そういったビギナー参加者の皆さんでした。

複数卓のセッションが開かれるコンベンションにおいては、主催一人ではそういった方全員に対し気を配ることは非常に難しい所です。
(主催は元々、気配りが上手なほうでは無いのでは、という説もありますが…)
TRPG経験をそれなりにお持ちだったり、当企画への参加をある程度いただいているような皆様には、経験が浅い方や初参加の方へのフォローをお願いしたいと思います。
これは、回り回って皆さん自身の次のセッション機会にも繋がることだと考えます。

また、ビギナーの皆さんには、やはり「その日遊ぶことになったシステムを楽しもうという気持ち」だけは持ってきて頂きたい、というのが主催としての思いです。
用具や書籍は遊んでみて楽しかった、また遊びたいと思ったらで大丈夫です。そこをフォローし合えるのがオフライン(対面)で遊ぶことのメリットだと思います。
そうして遊び続ける中で、ゆくゆくは皆さんがフォローする側になっていただければ、当地のTRPGプレイ環境はよいサイクルで回っていくでは、と思います。

アンケート回答ピックアップ

最近アンケートの設問のネタ出しに詰まってきました。何か良いアイデアがあれば是非アドバイスをお願いします…!

あなたは、(状況が許せば)大体どれくらいの頻度で、オフラインでTRPGセッションをしたいと思いますか?
1:年に数回…0人
2:数ヶ月に1回…3人
3:月に1回…10人
4:月1以上…9人

概ね月1、あるいはそれ以上くらいで遊べたら遊びたい、といった所に落ち着く結果となりました。
当企画が設けるセッション機会はせいぜい月1~2回程度ですので、4番の回答をされた皆さんは(もう既に動いている方もいらっしゃいますが)自身でセッション会を企画してみたりというのも良いのではと思います。
アドバイスさせていただける部分は大なり小なりあると思いますので、遠慮無くご相談ください。

この一年くらいの間に発売されたもので、最近興味を持っている・遊びたいと思っているTRPGシステムはありますか?
1:ある…18人
2:ない…2人
3:わからない…3人

※「ある」と答えた人から回答があったシステム(順不同・一部略称使用)
CoC:2人
エクリプスフェイズ…1人
コードレイヤード…3人
コロッサルハンター…2人
ダークソウルTRPG…1人
デッドラインヒーローズ…2人
ドラクルージュ…1人
鵺鏡…1人
マージナルヒーローズ…3人
ロストロイヤル…1人

こうして見ると「最近出たシステム」の多さにまず目が行ってしまいます。
ここに挙がった以外のシステムも沢山発売されていますし、リリースの多さからTRPGの盛り上がりを感じることができる気がしますね。
※おそらく、CoCはサプリメントが出ているから、というところでの投票ですね。

次回開催について

次回、第23回コンベンションの開催は晩夏~初秋になろうかと思います。
昨年もそうでしたが、夏はちょっとバタバタするので、準備量の多いコンベンションの開催は控えさせていただくような方針です。

月1程度のところで小規模なセッション会はやっていきたいなと考えています。
これも告知等は省力化し、主催Twitterアカウントでの告知・参加受付等になろうかと思いますので、良かったらチェックをお願いします。