【予定卓】第23回 ロッキンテーブル コンベンション


2017年9月16日開催、第23回ロッキンテーブル コンベンション 予定卓のご案内です。

今回は、最大17人までのPL参加をお受けします。
お申し込みは、予約専用のメールフォームからお願いします。
※各卓のタイトルをクリックやタッチすると、詳細な情報が展開されます。

今回のコンベンションは最大4卓の開催規模のところ、合計5件のGM参加申込みがありました。
主催にて選考を行った結果、当日のラインナップは下記の4卓とさせていただきます。

1番卓:魔道書大戦RPGマギカロギア
○GM名 クレナイ
○システム 魔道書大戦RPGマギカロギア
○対応可能プレイヤー数 3人
○TRPG初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○システム初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○ルールブック・サマリー関連情報
ルルブ・サプリ非所持可, GM側にサマリーの準備あり

○自己紹介・システム・世界観説明等
こんにちは。初めましての方は初めまして、お世話になっている方はいつもありがとうございます。今回魔道書大戦RPGマギカロギアのGMをさせていただきますクレナイと申します。みなさんと楽しくセッションができればと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。
魔道書大戦RPGマギカロギアは、現代社会を舞台にして世界中に(時に異世界にも)散らばってしまった魔道書――特に魔法災厄という災害を引き起こす禁書(ペイン)を不死の魔法使いとなって回収するRPGシステムです。回収されまいと禁書はもちろんのこと、私利私欲のために禁書を利用したり、魔法を世界からなくそうとしたりする悪の魔法使いを相手取るため魔法が飛び交う戦闘も楽しむことができます。

○シナリオ名・出典等
シナリオ名:「嘘からでたまこと」(出典:ロール&ロールVol.151)

○シナリオ概要・レギュレーション等
【今回予告】
学院の研修の一環として<禁書>回収に向かう魔法使いたち。
そこでは、誰かがついた嘘が現実化するという魔法災厄が発生していた。
魔道書大戦RPGマギカロギア「嘘からでたまこと」

【レギュレーション】
・ルールブックは必須ではありません。
・もしルールブックを所持している場合、ルールブック1~3でも大判でもどちらでも構いません。
・使用ルールの範囲は、大判のルールブックに記載されているものすべてになります。
・基本的にサンプルキャラクターを使用したクイックスタートでのセッションの予定ですが、ルールブックを所持している方で自作したい場合は第3階梯でライフパスを除くところまで完成させ、持ち込むことは構いません。

2番卓:ダンジョンズ&ドラゴンズ第5版
○DM名 しゃお
○システム ダンジョンズ&ドラゴンズ第5版
○対応可能プレイヤー数 3人~5人
○TRPG初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○システム初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○ルールブック・サマリー関連情報
ルルブ・サプリ非所持可, GM側にサマリーの準備あり

○自己紹介・システム・世界観説明等
この度ダンジョンズ&ドラゴンズを立卓いたします、しゃおと申します。普段は和洋問わず色んなゲームを遊んでおります。GMもPLも大好きです。

ダンジョンズ&ドラゴンズはおよそ40年以上前に制作された世界初のロールプレイング・ゲームであり、進化を遂げつつ今に至るまで世界中で最も多くの人にプレイされているゲームでもあります。複数の世界観を持つファンタジーRPGであり、自由度と遊びやすさが魅力です。
現行の第5版(2014年発売)は残念ながら日本語版が出ておりませんでしたが、来たる10月、ついに日本語版の発売が決定されました。それに先駆けちょっと早めにD&Dを遊んでみよう、と思い応募した次第です。
これを機会にD&Dに触れてみたいという方、剣と魔法のファンタジー世界に興味のある方はどうぞご参加下さい!

○シナリオ名・出典等
シナリオ:ファンデルヴァーの失われた鉱山
出典:ダンジョンズ&ドラゴンズ スターターセット所収

○シナリオ概要・レギュレーション等
今回は10月発売のダンジョンズ&ドラゴンズ プレイヤーズハンドブック(プレイヤー向け基本ルールブック)と同時に出版されるスターターセット(限定的なルールとダイス、サンプルキャラクター、シナリオのセット)に同梱されている、初心者向けショートキャンペーンシナリオ「ファンデルヴァーの失われた鉱山」より、第一章を抜粋して遊びます。
大都市ネヴァーウィンターで荷馬車の護衛を依頼された冒険者たち、しかしその行く手には…。美しくも危険なソードコーストを舞台に、駆け出し冒険者たちの旅が始まります。

キャラクターはサンプルを用意しておりますので、背景等のパーソナルデータのみを当日作成していただきます。
ルールにつきましてはホビージャパン様のサイトで公開されているベーシック・ルール日本語版を使用し、サマリーも準備いたしますので、ルールブックの所持や経験の有無は問いません(ダイスも貸出可能です)。

3番卓:ヤンキー&ヨグ=ソトース
○DR名(岩手の)えーき
○システム ヤンキー&ヨグ=ソトース
○対応可能プレイヤー数 3人~5人
○TRPG初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○システム初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○ルールブック・サマリー関連情報
ルルブ・サプリ非所持可, GM側にサマリーの準備あり

○自己紹介・システム・世界観説明等
皆様こんにちは、(岩手の)えーきと申します。
GMするシナリオにはネタを盛らないと気が済まない症候群にかかっているおっさんです。
それでは今回GMをするシステム、冒険企画局から7月末に発売されたヤンキー&ヨグ=ソトースについて説明します。
世界観:
クトゥルフ神話の邪神とその加護を受けたバッドヤンキーの侵攻を受ける異世界ガイヤンキー。
強大な力を持つ彼らに対抗できるのは、ガイヤンキーの民によって地球から召喚された正義のヤンキー、グッドヤンキーだけ。
プレイヤーはグッドヤンキーとなって、邪神&バッドヤンキーをブチのめし、ガイヤンキーの平和を守るのだ!
注:ヤンキーはいわゆる不良の事。アメリカ人ではありません。
システム:
シノビガミやインセインでお馴染みのサイコロフィクションシステムを使用しており、2〜数個のサイコロ(6面体)を使用します。
サイコロはGMの方で用意しております。

○シナリオ名・出典等
「とらちぇるランドをぶっ潰せ!」&「バンカラ邪神応援部を叩き直せ!」(いずれもオリジナル)

○シナリオ概要・レギュレーション等
シナリオ概要:
1本目のシナリオは自分の世界、とらちぇるランドをガイヤンキー全土に広げようとするギャル男とらちぇると、その背後にいる邪神をブチのめすと言う内容のシナリオになります。
もし時間があれば、レベルアップ作業の後に2本目のシナリオをやりたい思います。
こちらは邪神に洗脳されたバンカラ応援部をグッドヤンキーの正義の拳で正気に戻すと言うシナリオ。
注:ギャルとバンカラはヤンキー&ヨグ=ソトースにおいてはヤンキーに分類されます(笑)

レギュレーション:
キャラクター作成条件は初期作成(ヤンキーレベル1)、ヤンキー&ヨグ=ソトースのルールブックのみ使用可能とします。
サンプルキャラクターもありますので、是非ご利用下さいませ。

最後に一言:
「俺なりに精一杯ヤンキー&ヨグ=ソトースのGMを務めるんで、みんな世露死苦!」

4番卓:クトゥルフ神話TRPG
○KP名 arakana
○システム クトゥルフ神話TRPG
○対応可能プレイヤー数 2人~5人
○TRPG初心者対応 ○:何人かは経験者が居てくれると助かるかも
○システム初心者対応 ◎:全員初心者でも頑張る
○ルールブック・サマリー関連情報
ルルブ・サプリ非所持可

○自己紹介・システム・世界観説明等
●自己紹介
初めまして、arakanaと申します。
コンベンションは、初めてなもので至らない点が多々あると思いますが、頑張りますのでお手柔らかにお願いします。
●システム
クトゥルフ神話TRPGとは、宇宙的恐怖に晒されながら、PCの力と知恵で生き残る事を目的としたホラーTRPGです。クトゥルフ神話を知らない方でも「SAN値(サンチ)」や「SANチェック」という言葉を見聞きした事があるのではないでしょうか?
このゲームは時に発狂しながら、強大な敵に立ち向かったり逃げたりなんやかんやして事件を解決するゲームです。
●世界観説明
時は現代。一見平和に見えるこの世界。しかし、あなたの知らない所では、邪神が蔓延り、有象無象の悪意が人間を翻弄しようと蠢いていたのです。
そんな、知ってはならない、知らなければ幸せだった、悍ましい世界の一端にPC達は否応なく関わる…といった感じです。

○シナリオ名・出典等
「【クトゥルフ神話TRPGシナリオ】また明日。」 制作・「むーさん」様

○シナリオ概要・レギュレーション等
●シナリオ概要
このシナリオは、クトゥルフ神話TRPGとクトゥルフ2010に対応したシナリオです。(神話生物はマレウス・モンストロルムから、魔術書はキーパーコンパニオンから引用しています。この2冊は無くても遊べます。)
探索者シート(キャラクターシート)はクトゥルフ2010の物を使います。
舞台は現代日本、NPCの住む街。
推進技能は、当日に公表します。
●あらすじ
探索者(PC)は夏休みに友人の住む〝夕暮れ町〟へ遊びに来る。滞在期間は二泊三日。
三日目の夜、最近発見された彗星が観測されるそうだ。探索者は友人と町の観光を楽しむ。しかし、町で過ごすうちに、彗星の訪れによって世界があと数日で終わることを知ってしまう。なんだか様子のおかしい友人。迫り来る世界の終焉。果たして探索者は無事、また明日を迎えることが出来るのか。
●レギュレーション
・ハウスルールの適用(詳細は当日説明します)
・今回使用する探索者(PC)は当日作製の新規探索者になる事。
・なにぶんフワッとキーパリングなもので、RPや提案を積極的に受け入れて判定に反映(補正)する事となる事。


ページの先頭へ