【予定卓】第12回 ロッキンテーブル コンベンション

2015年10月31日開催、第12回ロッキンテーブル コンベンション 予定卓のご案内です。
今回は、最大13名様までのPL参加予約を受け付けます。
お申し込みは、予約専用のメールフォームからお願いします。

◆1番卓◆

○KP名 狐野環
○システム ブレイド・オブ・アルカナ リインカーネーション
○対応可能プレイヤー数 3人~5人
○シナリオ・レギュレーション等
シナリオはルールブック付属シナリオ1『希望、はつることなき』
キャラクターは初期作成。
GMよりサンプルキャラは提示。
作成は規定時間に間に合えば可能とします。
なお、この版でのGMは初めてのため、ルール処理などに若干時間が割かれる可能性がございます。
上記の点をご理解、ご了承頂いたうえで、ご参加をよろしくお願いいたします。

◆2番卓◆

○GM名 やぎ
○システム クトゥルフ神話TRPG
○対応可能プレイヤー数 3人~4人
○シナリオ・レギュレーション等
このおまじないはね、
決して会えない人にもう一度会いに行けるの。

でも、その人に会えても
絶対に相手に気付かれちゃダメだよ・・・。

「私、あの噂を試してみる。」と言って、一人の少女が失踪しました。
消え去る間際、彼女はこう言い残します。
「成功したらすごいことになっているわ。
一緒に埋めたタイムカプセルを掘り返してみて。」
掘り返したタイムカプセルの下には、なぜか埋めたときには気がつかなかった金属製の箱。
中には昭和20年8月4日の新聞紙にか細い文字でこう記されていました。

「わたしは ここに いるよ。」

探索者は高校生。

ヒントは都市伝説。

焼け焦げた文献。昭和20年の新聞紙。

失踪した幼馴染みを追ってたどり着いた場所は思いもよらないところだった!
クトゥルフ神話TRPG「隠れ鬼」

◆予備卓◆

○GM名 Liones
○システム 「マルチジャンル・ホラーRPG インセイン」
○対応可能プレイヤー数 3人~4人
○シナリオ・レギュレーション等
シナリオ:Godlike Science
(サークル「STAY GOLD」様の同人シナリオ集「花を散らすと見る夢は」より)

●今回予告
親愛なる友へ

こうして手紙を書くのはどれくらいだろうか。不義理な友で申し訳なく思う。
申し訳ないついでに、重ねて迷惑をかけてしまうのだが、火急の用向きの為に北極へと旅に出なくてはならなくなってしまった。
君を待つ時間もなく、恐らく、もう戻ってくることもないだろう。

迷惑というのは他でもない。
私のささやかな生の証として、私の実験室の整理を任せたいのだ。
君の他にも数人に同じ手紙を送っている。協力して、事に当たって欲しい。

特に、私の「娘」については君も気に入ってくれると思う。
彼女は全知だ。彼女の頭には、君に必要なすべてが詰まっている。
彼女は白痴だ。君が必要とするものを、君が引き出してくれると嬉しい。
彼女を見れば、君もきっとこう言ってくれるだろう……。

inSANe “Godlike Science”

●シナリオスペック
シナリオタイプ:協力型
セッティング:暗黒のヴィクトリア